スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

3/28 にこにこ子育てお話し&体験会の参加者の感想

3月28日にカナリヤの森で行った、「にこにこ子育てお話し&体験会」に
1組の親子さんが来てくれました。ママと10か月の男の子の参加でした。
心の真棒のお話しと、お子さんに"今日は、一緒に来てくれてありがとう!"
の気持ちでの1~2分のちょこっと抱っこをしてもらいました。

もう10か月ともなると、新生児の時のような横抱きは久しぶりだったのではないでしょうか?

普段はなかなかやらない抱っこをしてもらって、慣れない、子どものマイナスの気持ちを受け止めるということを体験して、きっとお母さんはいろいろな気持ちを味わったのではないでしょうか?

お疲れさまでした。



参加されたお母さんの感想を紹介します。


「泣く」=「辛い、悲しい、不幸」だと思って、10か月間思っていました。
だから泣かせてはいけないと思い、泣くとすぐに泣きやませるのに必死になっていました。

今日の話を聞いて、ママの腕の中で泣かせてあげることが幸せだと聞いて、心のモヤモヤがすーっとなくなりました。
今まで張り詰めていたものがなくなり、スッキリしました。

今後はNちゃんとの「良い関係を築く」ために、安心できる雰囲気、関係づくりに努めたいです。

今日のお話しを聞いて、改めてNちゃんと向き合うことの大切さを痛感しました。
本日はありがとうございました。

(10か月の男の子のママ)



確かに「泣く」のは、"こわいよ~""ドキドキするよ~""自信がないよ~"

"イヤだよ~""寂しいよ~"など、マイナスの感情を抱えてしまう時です。

それは、大人も子供も一緒ですね。それは生きていれば、

誰にも避けられないことです。

でも、そのマイナスの感情が胸に溢れた時に、泣かずに我慢するよりも、

泣いて発散できた方がどんなに楽になって、スッキリするでしょう。

泣いて発散できた後には、カラッとして、元気が湧いてきますね。

泣かずに頑張って、何となく憂鬱な気分を抱えながらいるよりも、

泣いて発散できれば、ママの話を素直に聞くことも、

物事に取り組む意欲も湧いてくるものです。

でも、これは子どもに限ったことではないのです。

ママだって、パパだって、時には思い切り泣いて、

ストレスを発散することができたら、どんなにいいでしょう。

ママだって泣いて、愚痴を聞いてもらえれば、

いつも一緒にいる目の前の子どもを見ても、

普段は過度に心配していることや、気になることなんてまるで、

どこかに飛んでいってしまったように感じるから不思議です。

何ひとつ変わったわけでもないのに…。

こんな時は、子どもが泣こうが、ダダをこねようが、ヘッチャラです。

「お~、よしよし。そうか、そうか。お前の泣き顔のなんてかわいいこと。」

と思えるはずです。

ただ、私達大人は、泣いて発散するということに慣れていません。

"泣かずに頑張る!!"という生き方をしてきているから。

だから、子どもに泣かれたり、ダダをこねられると、

苦しくて、耐えがたくなるのです。

そして、泣いてる本人(=子ども)は実は気持ちがいいのに、

"かわいそう"な気がしてしまう。

すぐに泣きやませなきゃ!と無意識に行動するのです。

私達も、すぐには、泣いて発散する、

甘えてストレスを解放する習慣を付けるのは無理かもしれませんが、

練習を続けていけば、かなりうまくできるようになります。

一歩、一歩です。

そうやって、大人の私達も泣き上手、甘え上手になりながら、

子どもの泣き上手、甘え上手を誘えるようになればいいのです。

間違っても、歯を喰いしばって、

「この子に、泣いて、ストレスを発散させなきゃ!」

なんて思って、一人で頑張るのは止めましょうね。

大人自身が、泣き上手、甘え上手になってからでも、遅くないですからね。

私達が、いつでもお手伝いさせていただきます。


中村 尚子
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


フリーエリア

無料購読!解除もカンタン!
メルマガ始めました~!サンプル版を公開してます♪毎月1日発行予定ですので、是非、登録してくださいね(*^_^*)

感想・質問・問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
抱っこ法リンク

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。