スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

執着と諦め

先日、大人のための癒し『天心』の勉強会で、『執着』と『諦め』のワークをしました。

この場合の『執着』とは、願ったところで叶うはずもないのに、そうなって欲しいと思い続けること。

例えば、亡くなった人に生き返って欲しいとか、空の星を取って欲しいとか。

叶うはずもないので、思い通りにならないことの苦しさは終わることがありません。

一方の『諦め』は、諦めなくてもいいことなのに、早々に諦めてしまったこと。

例えば、お母さんに甘えたかったとか。気持ちをわかって欲しかったとか。

ワークでは、2人1組になって、その『執着』している気持ちと、『諦め』てしまった気持ちを、掌で受けとめてもらう体験を交互にしました。

私がかつて根強く持っていた『執着』は、「夫を変えたい」という気持ち。

他人を変えることなんて出来ないと頭ではわかっているのに変えたくて。
でも、変わらない夫に悲しくなったり腹が立ったり。

そうか、『執着』してたから苦しかったんだ、と妙に納得。
ゆっくりとした手の押し合いをしたら、気持ちがスッキリしました。

『諦め』は、気持ちをわかって欲しかったが、一番でした。

こんな気持ちでいるんだよってことを伝えたかったのだけど、どうせ言ってもわかってもらえないとか、心配や迷惑をかけるだけだとか、色々な理由をつけて諦めてしまったのですね。

その時、先ほどの『執着』を思い出したのです。

「夫に変わって欲しいと思う」のは、別に諦めることも無いんだなと。

そんな気持ちがあるんだよねって、自分にその気持ちの存在を許してあげていいんだなって。

でも、「変わって欲しい」と夫に求め続けることは、『執着』なんだなぁと。

私は、これまで色々な気持ちを諦めてきたなぁって思いました。

その気持ちが存在することを許さなかったので、存分に感じて味わうことも、そんな気持ちがあることを誰かに伝えることも諦めてきたのでした。

きっと、ワークで私と組んだ方も、たくさんのことを諦めてきたのでしょう。
私たちは2人で抱き合ってオイオイ泣きました。

そして、ちょっとスッキリしたのでした。

前田美智子
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


フリーエリア

無料購読!解除もカンタン!
メルマガ始めました~!サンプル版を公開してます♪毎月1日発行予定ですので、是非、登録してくださいね(*^_^*)

感想・質問・問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
抱っこ法リンク

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。