スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

心屋さん

近頃はまっているのが、バラエティ番組の『ナイナイアンサー』。

なかなか俗っぽい私でしょ。

曲者のカウンセラーたちがタレントたちの相談に乗るというこの番組。
好き勝手で個性豊かな名&迷回答に笑えます。

十把一絡げにくくられてはいるものの、中には胸を打つ回答もあって、心理学が大好きな娘とよく見ています。

私と娘のお気に入りは、心屋仁さんの言葉によるカウンセリング。

先日も子育てに悩むママタレントさんたちが出ていて、私のところに相談に来られるお母さんたちと同じように悩んでるんだなぁと思いました。

さて心屋さんはどう答えるかしら?

「一人で頑張っていて辛い」「これでいいのか不安」。
そうだよね、私もそうだった。

その気持ちがいつしかイライラになって、旦那さんを責める気持ちになっていったあるタレントさん。

「一人で寂しかったり怖かった体験はない?」と言う心屋さんの問いかけに、幼い頃、一人で玄関前でお母さんを夜まで待ち続けた時のことを思い出して、ママタレントさんが泣き出したので、こちらももらい泣きです。

「怖かったよ」って何度も声に出して言って、やっとその時の気持ちが流れ始めたようでした。

その幼い時の思い残しが、今の子育て場面で出て来てしまうんですよね。
「一人で子育てするのは怖いよ」
そんな気持ちが彼女の奥底にあったんですね。

きっと私を含めた多くのママさんたちが、そんな気持ちを抱えたまま子育てしてるんじゃないかな。

そして、夜中に一人起きてオッパイをあげる時とか、旦那が付き合いの飲み会に出かけた夜とか、子どもが自分の言うことを聞いてくれない時とかに溢れてくるんですね。

それは、自分癒しのチャンスだと私は思うのですが、いかがでしょう。

「よしよし、怖かったね」。
そんなふうに大人になった自分が、玄関前の幼い自分を抱きしめられたら、ステキだよね。

みちこ
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


フリーエリア

無料購読!解除もカンタン!
メルマガ始めました~!サンプル版を公開してます♪毎月1日発行予定ですので、是非、登録してくださいね(*^_^*)

感想・質問・問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
抱っこ法リンク

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。