FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

5月のバースハーモニー・抱っこのお話しとちょこっと体験会 ご報告

5月24日(日)にバースハーモニーさんで抱っこのお話しとちょこっと体験会を行いました。
参加してくださったのは3組。赤ちゃんとほんのちょっとお兄さんのお子さんとそのお母さん方。

「オムツ替えから変わる子育て」をテーマに、DVDを見ていただいたり、赤ちゃんは実は色々なことがわかっているんだよ、というお話しをさせてもらいました。

その場では、「そうかなぁ」という気持ちでも、後で思い出すと「そういえば」なこともあるのではないでしょうか。参加してくださったお母さんからも、まだ、この世界に来てほんの少しなのに、お母さんとの以心伝心ぶりを少しだけ聞かせていただけました。

そんな賢いお子さんですから、心の奥でお母さんに協力したいと思っているのは間違いないようで、オムツ替えの体験もとてもお見事。
お母さんが語りかけながらオムツを替えると、それに答えるように小さな足やお尻を動かしてくれていました。
お母さん方もとても上手にお子さんとコミュニケーションをとりながらオムツを替えていらっしゃって、スタッフの出る幕はないわね、という感じ。

日々、子育てに奮闘してらっしゃるお母さんたちは、自分のことはさておいて、可愛い我が子のことや家事が優先になってしまいます。頼りのご主人も仕事が忙しいし、せめて泣き言ぐらい聞いてもらいたいところですがなかなか。
それというのも、どこかで子育てや家事は女の仕事という刷り込みがあって、外で仕事をしていない分、子育てや家事は私一人で頑張らなくてはと背負い込み過ぎてしまうのです。

仕事を持ちながら子育てをしているお母さんはそれはもう大変です。でも、家族や世間もその大変さをいくらかわかってはくれています。
だから、弱音や愚痴を言うのも自分で少し納得がいきます。

子育てのため休職中だったり、専業主婦と言われるお母さんは、仕事を持っていない分、楽だろうと思われがちです。確かに、時間は少し余裕があるのかもしれませんし、体もちょっとは楽なのかもしれません。
でも、日中、子どもとだけの生活って、煮詰まりやすくて苦しくなりやすいのです。それまで共働きだったお母さんはなおさらです。
そして、そんなお母さんが一番つらいのは、その苦しさを世間がわかってくれないということです。
特に、一番身近なご主人がわかってくれないとしたら、誰に助けを求めたらいいのでしょう。
弱音や愚痴を言うことさえ、自分でも許せない気持ちになりやすいのです。

子育てはお母さん一人の責任ではないのですが、世間も、そして当の本人のお母さんもそのことを忘れがちです。
外で仕事をしていないお母さんは、孤独な子育てになりやすいのです。

今回の抱っこのお話しとちょこっと体験会では、そんなお母さんたちの苦しさを感じたりもしました。

それにしても、どんなお母さんであっても子どもは大好きなんだという中村さんのお話はじーんときました。
怒ってばかりでもイライラをぶつけてしまっても、子どもにとってはかけがえのない大好きなお母さんなんですよね。
だから、「ああ、また失敗した」なんてことがあったとしても、子どもにとってお母さんはただいてくれるだけで充分なんです。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

子どもの気持ちを深読みしちゃうね

癒しの子育てネットワーク☆かながわを立ち上げたのが去年の10月。
あまりにのんびりすぎておりましたが、ちったー活動せんといかんねぇと、熊本弁で自分に気合いを入れ、今日はその話し合いをしてきました。

いつも話し合いの半分以上が、自分たちの子育ての話しになります。

そう言えば、娘が幼い頃は、私も子どもの気持ちを深読みしすぎて、息も絶え絶えだったなぁ。子どもが泣かなきゃ何か我慢しているんじゃないかと心配し、泣けば泣いたで、こんなに泣きたいほど我慢させていたんだと自分を責めて、そりゃ娘にしたら、はた迷惑なお母さんだった事よね。

今、思い返せば、何でもかんでも一生懸命で、子どものことが心配で心配で、それもこれも私なりの親の愛ではあったのよね。愛情がうまく表現できずに空回りしていただけなのよね。
今年中に50才になってしまうおばちゃんになった今は、そんな新米お母さんだった自分も可愛いヤツに思えてくるから面白いです。

今、苦しいお母さんも、いつかきっと、この苦しさの中で頑張ってた自分を愛おしく思える日が来るからね。

5月24日(日)10時から12時まで、田園都市線たまプラーザ駅下車8分の助産院・バースハーモニーで「抱っこのお話しとちょこっと体験会」を開きます。
「子育てが変わるオムツ替え」をお伝えしたいと思ってますのでお楽しみに。
この日は地域清掃の日で、地区班長の私は朝から外掃除をしなくてはいけませんが、大急ぎで駆けつけますので、よろしくお願いしますね。

新型インフルエンザの報道で、聞き慣れた駅名が飛び交ってます。
手洗い、うがい、マスク、ちょっと面倒ですけど、珍しく気をつけている私です。
おいしいものを食べて、ぐっすり眠って・・・。
子育てで疲れているお母さんたちにも、せめてゆっくりバスタイムがあればなぁ・・・。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

余裕の泣き

抱っこ法のセッションをしていると
子どもの懐の大きさに驚くことがよくあります。

身も世もないほどにワンワン泣いている子が
相談室の電話の呼び出し音に
「でんわ」と泣くのをやめてわざわざ教えてくれたり、
抱っこしているお母さんの手がおろそかになると
「手はこう」などとダメ出しをしたり。

ずいぶん以前のことですが、
まだ初級の認定すらとっていない頃、
知り合いのお子さんの子守をしていて、
びっくりしたことがありました。

お母さんは用事があって
未就園児のお子さんを私に預けなければなりませんでした。
その子と私は顔見知りでしたが、
二人っきりで過ごした事なんてありません。
お母さんの顔が見えなくなるやいなや
その子は「ママー!」と泣き始めました。
私は抱っこして「よしよし」しながら、
「寂しいねぇ、泣き泣きしながら待ってようね」と慰めました。
時々、「絵本読む?」「電車で遊ぶ?」など声をかけますが、
ワンワン泣いて首を振るので
「泣きたいねぇ」とまた慰めながら過ごしました。

かなり泣いた頃、喉も渇いたろうと
「お茶飲む?」と聞くと、ワンワン泣きつつも頷きました。
私はその子が持参していた水筒を引き寄せて
ふたを開けようとしましたが開きません。
子供用の安全装置みたいなのがついていて、
びくともしないのです。

私は困ってしまって、泣いているその子に
「どうやって開けるかわかる?」と聞きました。
すると、その子はすっと泣き止んで
冷静沈着とでも言うべき手つきで
さっと安全装置をはずし、パコッとふたを開けてくれたのです。
私は感動して「うあー! すごい! ありがとう」と言いました。
すると、その子は軽く「うん」と頷いて、
一口二口、水筒からお茶を飲むと、
元通りにちゃんとふたを閉めて、
また私の腕に自ら抱っこされ、
先ほどの続きをするかのごとく
ワンワンと声を上げて泣き始めたのです。

「あらま、ずいぶん余裕があるのね」と
私はおかしくて笑ってしまいましたが、
子どもって大騒ぎしながらも
どこかでちゃんと状況をわきまえているんだなと
とてもとても感心しました。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

こどもの日と母の日

5月って慌ただしいですね。
こどもの日に母の日。
母子の日が連打で来るんですね。

実は今まで、そんなこと気にもしていませんでしたが、
母子の月なんだとあらためて思いました。

こどもの日、特に何をするでもありませんでした。
どこへ行っても親子連れでいっぱいで、
「あぁ、そういえばこどもの日だったな」と思って過ごしました。
娘ももう高校生なので、今更、こどもの日なんて言われても
本人も微妙かもしれません。
でも、親の私の中では、イベントこそやりはしませんでしたが、
ちゃんとここまで大きく育ったんだなぁ・・・と
しみじみ嬉しい気持ちはありました。

今、子育て中で、
ちっとも子どもの成長が感じられなくて
がっかりしていたり、イライラしている方も
いつか、きっと
そういえばあの頃より成長してるかもって
思える日が来ますからね。
楽しみにしていてくださいね。

さて、つい先日の母の日ですが、
私も夫もすでに母親は亡くなっています。
夫の母代わりをしてくれたおばあちゃんに
彼女の大好きなクッキーを送りました。
一方、娘は私にチョコレートをくれました。

その日は実は、
前日から逗子の知人の家に夫婦だけで泊まりに行っており
娘は生まれて初めてのたったひとりのお留守番でした。
母の日の夜、帰ってきた私に
娘はいの一番でチョコレートを差し出しました。

最近、テレビでコマーシャルしている
母の日にチョコレートを贈ろうというアレです。
チョコレート大好きの私は
内心、チョコを期待していたので、
とても嬉しくて「わーい! ありがとう!」。
母親って不思議ですね。
そんな些細な子どもの気持ちが嬉しいものなんですね。

あるお母さんは
小学生の娘さんからステキな贈り物をもらったそうです。
手作りの賞状とメダル。
ちゃんとソファーの表彰台に上って授与されたんですって。
賞のタイトルは「抱っこ一等賞」。
料理もお掃除も自信がないと言うそのお母さんは
「抱っこだったら、確かに一等賞だ」と思ったそうです。
可愛い娘さんのことをたくさん抱っこしているお母さんなのですね。

母の日って、
そんな子どもとのちょっぴり幸せなやりとりをする日なのかも。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

お話し会・体験会 お知らせです

冷たい雨のゴールデンウイーク最終日になってしまいました。
なかなか暖房器具がしまえない私です。
「まだ出しとくの?」「だって寒い日があったらどうする?」
なんて、毎年、我が家では片付けたい夫と未練たっぷりの私で
コタツやオイルヒーターの撤収日程の攻防戦が行われるのです。

さて、明後日8日金曜日は「にこにこ子育てお話し会」ですが、
休暇明けでお子さんも久しぶりに幼稚園や学校に行くことだし、
お母さんも家で静かにのんびりしたいのではないかなと思っています。
元気な子どもが家にいるのは、楽しいことではあるけれど、
ちょっと煩わしかったりもしますもの。

テレビで映し出されるUターン客の親子も、子どもは元気ですが、
お父さんお母さんの表情は疲れがにじみ出ていてお気の毒。
「明日から仕事」の親たちは、「休み」なんて全然無いようなものですよね。
まして、お母さん業なんて年中無休。お疲れ様です。

そんなわけで、5月のお話し会は「ママの愚痴大会」の予定ですが、
愚痴りに行く元気もないくらい疲れてらっしゃる可能性もあるなぁと思ってます。
もちろん、1組でも申し込みがあればスタッフは喜んで馳せ参じます!

1ヶ月先のことになりますが、6月12日(金)のお話し会
「わたしの子育て、これでいいの?」というテーマで行います。
一生懸命、我が子に付き合って、お世話をしているのに
なんだか疲れるばかりで、充実感が感じられない・・・
よそのお母さんは楽しそうに子どもと接しているのに、自分はイライラするばかり・・・
本に書かれている子育てなんてとてもできなくて、自分が間違ってるみたいに思える・・・
振り返ってみれば、私もそんな気持ちで、自分の子育てに自信が持てませんでした。
そんなユラユラする自分をそのままお持ちよりください。

6月は久しぶりに大ベテランの鷲尾先生にも参加していただく予定です。
ゆったりほんわりとした鷲尾先生の「それでいいのよ」の一言を、ぜひ聞きに来てくださいね。

「にこにこ子育てお話し会」
5月8日(金)も6月12日(金)も、JR橋本駅よりバス15分、
アトリエ・ピッコのピコホールにて10時~12時、
参加料は1500円(会員1000円)
です。

それから
5月24日(日)10時~12時は、
田園都市線たまプラーザ駅より徒歩8分のバースハーモニーにて
「抱っこのお話しとちょこっと体験の会」
を行いますので
ぜひ、こちらにもおいでください。
参加料は3000円(会員2500円)です。

5月から趣向を変えて、年齢別にテーマを設定することにしました。
5月24日(日)は1才未満のお子さんとその親ごさん向けに
「子育てが変わるオムツ替え」についてのお話しと体験会
を行う予定です。
抱っこ法を活用したオツム替えのコツをお伝えしたいと思っています。
1才以上のお子さんをお持ちの方も参加してかまいませんが、
お話しの内容が1才未満のお子さん中心になってしまうのをご了承くださいね。

ちなみに7月26日(日)は6ヶ月~2才のお子さんとその親ごさん向けに
「抱っこと泣きのステキな効用」についてのお話しと体験会を
8月23日(日)は1才以上のお子さんとその親ごさん向けに
「ダダコネ育てのすすめ」についてのお話しと体験会を予定
しています。
どちらもお子さんの年齢が対象外であっても参加できますが、
お話しの内容が対象内のお子さん向けだということをご承知おきくださいね。

お申し込みは前田まで ℡046-272-1981 Eメールumimama@jcom.home.ne.jp
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

泣くのは自己治癒力

一昨日、娘が8度4分の熱を出し、慌てました。
朝からテレビで豚インフルエンザの疑いがある高校生が横浜にいると報じていたからです。

娘はおかげさまでこの春、高校生になりました。神奈川で高校生、共通項はただそれだけなのに、もしやと慌てる私も私ですが、欠席の連絡をしたら、「インフルエンザですか?」と聞く高校の先生も先生。

「これはヤバイ!」と思ったので、私もお休みをして看病することにしました。病院に連れて行こうにも大きな図体は持ち上げられません。

娘は熱でうなされて「暑い!」と言っては泣き、「痛い!」と言っては泣きで、まるで抱っこ法のセッションを受ける子どものようでした。
私もついつい「よしよし」と頭をなでなでして、娘もついついまた泣いて・・・。泣き上手で良かったなぁと私までもらい泣き。

おかげさまでお昼には熱も7度台まで下がりました。
娘が言うには「慣れない高校生活と部活で頑張りすぎて熱が出たんだよ、焦るな休めということだね」。なんと素晴らしい自己分析力。
「でもさ、それで休んだらますます焦って逆効果だっつーの。バカだね」。どうやら「天の計らい」も娘にはハタ迷惑だったようで・・・。

それにしても、泣くって素晴らしいなと思いました。だって、あれよあれよという間に熱が下がったのですから。
昨夜のご飯の食べっぷりなんて、本当に病人か?と思うほどでしたよ。

泣く効果について、私はよく怪我の話をします。
転んで怪我をした時に、「こんなの痛くない」と我慢するのと「痛いよ」と泣くのでは、快復力に違いがあるからです。

同じ事が病気にも言えることは、私が風邪で熱を出した時に立証済みです。泣けると治りが早いのです。

イギリスのダイアナ妃が亡くなった時、病院に来る患者の数が減ったというのは有名な話です。人々はダイアナ妃の死に涙して、その分、体の自己治癒力が増し、病院に行かずに済んだのだろうと言われています。

お子さんが転んだり、熱を出したら、泣くのをどうぞ、許してあげてくださいね。
「強い子は泣かないのよ!」なんて言わずに。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)
フリーエリア

無料購読!解除もカンタン!
メルマガ始めました~!サンプル版を公開してます♪毎月1日発行予定ですので、是非、登録してくださいね(*^_^*)

感想・質問・問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
抱っこ法リンク

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。