FC2ブログ

お知らせ


☆癒しの子育てお話し会

毎月第4日曜日 午前10時〜12時

    お母さんお父さんたちのお話しを聞かせていただく会です。
    抱っこ法の考え方や子どもとのやりとりのコツもお伝えしています。
    子育ての悩み、気がかり、何でもどうぞ。
  • 会場/助産院バースハーモニー(たまプラーザ駅下車徒歩8分)アクセスはこちら
  • 参加費/1家族1500円 〈定員〉5家族(要予約)
  • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
  • 問い合わせ&申し込み
  • 電話&FAX 046-272-1981 前田
  • umimama333@gmail.com 前田


☆にこにこ子育てお話し&体験会

毎月第4金曜日 午前10時10分〜11時50分

    ちょこっと抱っこの体験もしていただく会です。
  • 会場/カナリアの森(JR橋本駅よりバス12分上九沢バス停下車徒歩1分)
    相模原市緑区上九沢258
  • 参加費/2500円〈定員〉5家族(要予約)
  • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
  • 問い合わせ&申し込み
  • 電話&FAX 046-272-1981 前田
  • umimama333@gmail.com 前田

  • ☆お母さんのための天心ゆるり会

    毎月第2金曜日 午前10時10分〜11時50分(3月14日スタート)

      お母さんのための癒しの時間。日頃の労をねぎらい、体と心をゆるませましよう。
    • 会場/カナリアの森(JR橋本駅よりバス12分上九沢バス停下車徒歩1分)
      相模原市緑区上九沢258
    • 参加費/2500円〈定員〉5家族(要予約)※お母さんだけの時間ですので、お子さんはお留守番してもらってください。
    • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
    • 問い合わせ&申し込み
    • 電話&FAX 046-272-1981 前田
    • umimama333@gmail.com 前田

    • ☆相模原市内公民館出張お話し会

      ご希望により随時受け付けております

        5組以上の親子の参加希望があれば相模原市のどの公民館でも
        随時、抱っこのお話し会を開催しております。公民館予約はこちらで承ります。
      • 会場/相模原市内の公民館
      • 参加費/1500円〈定員〉5家族(要予約)
      • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
      • 問い合わせ&申し込み
      • 電話&FAX 046-293-0733中村
      • yashughug@gmail.com 中村

      • ☆個人セッション(子育て個別相談)も援助者の自宅または出張にて受け付けています。

      • 1セッション(1時間半)7000円
        出張の場合は+交通費
      • 問い合わせ&申し込み
      • TEL&FAX 046-293-0733 メールyashughug@gmail.com 中村尚子
        (相模原市在住)
      • TEL&FAX 046-272-1981 メール umimama333@gmail.com 前田美智子
        (大和市在住)
      • 私たちは日本抱っこ法協会の公認ホルダーです


お知らせ


☆癒しの子育てお話し会

毎月第4日曜日 午前10時〜12時

    お母さんお父さんたちのお話しを聞かせていただく会です。
    抱っこ法の考え方や子どもとのやりとりのコツもお伝えしています。
    子育ての悩み、気がかり、何でもどうぞ。
  • 会場/助産院バースハーモニー(たまプラーザ駅下車徒歩8分)アクセスはこちら
  • 参加費/1家族1500円 〈定員〉5家族(要予約)
  • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
  • 問い合わせ&申し込み
  • 電話&FAX 046-272-1981 前田
  • umimama333@gmail.com 前田


☆にこにこ子育てお話し&体験会

毎月第4金曜日 午前10時10分〜11時50分

    ちょこっと抱っこの体験もしていただく会です。
  • 会場/カナリアの森(JR橋本駅よりバス12分上九沢バス停下車徒歩1分)
    相模原市緑区上九沢258
  • 参加費/2500円〈定員〉5家族(要予約)
  • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
  • 問い合わせ&申し込み
  • 電話&FAX 046-272-1981 前田
  • umimama333@gmail.com 前田

  • ☆お母さんのための天心ゆるり会

    毎月第2金曜日 午前10時10分〜11時50分

      お母さんのための癒しの時間。日頃の労をねぎらい、体と心をゆるませましよう。
    • 会場/カナリアの森(JR橋本駅よりバス12分上九沢バス停下車徒歩1分)
      相模原市緑区上九沢258
    • 参加費/2500円〈定員〉5家族(要予約)※お母さんだけの時間ですので、お子さんはお留守番してもらってください。
    • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
    • 問い合わせ&申し込み
    • 電話&FAX 046-272-1981 前田
    • umimama333@gmail.com 前田

    • ☆相模原市内公民館出張お話し会

      ご希望により随時受け付けております

        5組以上の親子の参加希望があれば相模原市のどの公民館でも
        随時、抱っこのお話し会を開催しております。公民館予約はこちらで承ります。
      • 会場/相模原市内の公民館
      • 参加費/1500円〈定員〉5家族(要予約)
      • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
      • 問い合わせ&申し込み
      • 電話&FAX 046-293-0733中村
      • yashughug@gmail.com 中村

      • ☆個人セッション(子育て個別相談)も援助者の自宅または出張にて受け付けています。

      • 1セッション(1時間半)7000円
        出張の場合は+交通費
      • 問い合わせ&申し込み
      • TEL&FAX 046-293-0733 メールyashughug@gmail.com 中村尚子
        (相模原市在住)
      • TEL&FAX 046-272-1981 メール umimama333@gmail.com 前田美智子
        (大和市在住)
      • 私たちは日本抱っこ法協会の公認ホルダーです


お知らせ


☆癒しの子育てお話し会

毎月第4日曜日 午前10時〜12時

    お母さんお父さんたちのお話しを聞かせていただく会です。
    抱っこ法の考え方や子どもとのやりとりのコツもお伝えしています。
    子育ての悩み、気がかり、何でもどうぞ。
  • 会場/助産院バースハーモニー(たまプラーザ駅下車徒歩8分)アクセスはこちら
  • 参加費/1家族1500円 〈定員〉5家族(要予約)
  • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
  • 問い合わせ&申し込み
  • 電話&FAX 046-272-1981 前田
  • umimama333@gmail.com 前田


☆にこにこ子育てお話し&体験会

毎月第4金曜日 午前10時10分〜11時50分

    ちょこっと抱っこの体験もしていただく会です。
  • 会場/カナリアの森(JR橋本駅よりバス12分上九沢バス停下車徒歩1分)
    相模原市緑区上九沢258
  • 参加費/2500円〈定員〉5家族(要予約)
  • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
  • 問い合わせ&申し込み
  • 電話&FAX 046-272-1981 前田
  • umimama333@gmail.com 前田

  • ☆お母さんのための天心ゆるり会

    毎月第2金曜日 午前10時10分〜11時50分

      お母さんのための癒しの時間。日頃の労をねぎらい、体と心をゆるませましよう。
    • 会場/カナリアの森(JR橋本駅よりバス12分上九沢バス停下車徒歩1分)
      相模原市緑区上九沢258
    • 参加費/2500円〈定員〉5家族(要予約)※お母さんだけの時間ですので、お子さんはお留守番してもらってください。
    • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
    • 問い合わせ&申し込み
    • 電話&FAX 046-272-1981 前田
    • umimama333@gmail.com 前田

    • ☆相模原市内公民館出張お話し会

      ご希望により随時受け付けております

        5組以上の親子の参加希望があれば相模原市のどの公民館でも
        随時、抱っこのお話し会を開催しております。公民館予約はこちらで承ります。
      • 会場/相模原市内の公民館
      • 参加費/1500円〈定員〉5家族(要予約)
      • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
      • 問い合わせ&申し込み
      • 電話&FAX 046-293-0733中村
      • yashughug@gmail.com 中村

      • ☆個人セッション(子育て個別相談)も援助者の自宅または出張にて受け付けています。

      • 1セッション(1時間半)7000円
        出張の場合は+交通費
      • 問い合わせ&申し込み
      • TEL&FAX 046-293-0733 メールyashughug@gmail.com 中村尚子
        (相模原市在住)
      • TEL&FAX 046-272-1981 メール umimama333@gmail.com 前田美智子
        (大和市在住)
      • 私たちは日本抱っこ法協会の公認ホルダーです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

抱っこ法との出会い その参

抱っこ法との出会い その参~泣くのは自己表現の原点

友人にとてもステキな声で歌の上手い人がいます。彼女は子どもの頃、お父さんに「声を出して泣け」と言われていたそうです。だから、あんなに響く声を出せるんだ、と私は勝手に納得してしまいました。

世間では、『泣く』『怒る』『笑う』のうち、『笑う』しか許さない傾向があるように思います。『泣く』や『怒る』はあまり歓迎されません。時には『笑う』さえ、制限されてしまうこともあります。

私の父は子どもの素直な感情表現がどれも苦手でした。エンエン、メソメソ『泣く』とか、癇癪を起こしてキーキー『怒る』はもちろん、楽しげにキャーキャーと『笑う』のも嫌いでした。その結果、彼は家庭では不機嫌な表情でいることが多かったのです。母も、そんな父に気をつかっていました。もしかしたら、母も子どもの『泣く』『怒る』といった感情表現は見たくなかったのかもしれません。

姉は笑う時、声をたてませんでした。「スススス」と笑いました。私は泣く時、声を殺しました。よく「さめざめと泣く」と言われたものです。高校生の時、扁桃炎になったのは、喉で気持ちを殺しながら泣いていたツケではないかと思っています。

私は大人になるにつれ、泣くことを我慢できるようになりましたが、それでも泣いてしまう自分との葛藤は続きました。そして、世間が何と思おうと、卑怯と言われようとズルイと言われようと、泣いてしまう自分を許そうとしてきました。泣くのが私だから、それを私だけは許してやろうと。

『泣く』というのは、赤ちゃんにとって、大切な表現方法です。言葉のかわりでもあり、気持ちを表現するのに不可欠なものです。成長するにつれ、言葉で表現できるようになりますが、それでも気持ちの表現になくてはならないものです。なぜなら、テレビドラマや映画を観て泣いている時、大人ですら、その気持ちを言葉で表すのはとても難しいように、感情や気持ちというものは、言語化しにくいものだからです。

私にとって『泣く』というのは、自己表現の原点みたいなものだったのです。だからこそ、私は抱っこ法に出会った時、あれほど感動したのです。ありのままの自分を表現してもいいのだと知って。

泣いてはいけないと教えられ、その教えを守ろうとしてかなわず、そんな自分を責めてきた私が、初めて、泣いていいと世間に胸を張れたのです。泣くことを応援してもらえたのです。

私が抱っこ法を始めた最初の動機はこれでした。
『泣くのを許す子育てをしたい、我が子の泣きを受けとめてあげたい』。

前田美智子

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

抱っこ法との出会い その弍

抱っこ法との出会い その弍~泣き虫の自分

子どもの頃の私の最大の悩みは、泣いてしまうのをどうすればやめられるかでした。

私の母は「泣くとでけん(泣いてはいけない)」「泣いたら負け」「泣くと恥ずかしか(泣くのは恥ずかしい)」などなど、泣いてはいけない、泣くのは悪いことだと強く私に教えていました。
4歳年上の姉は優等生で、その言いつけをしっかり守りましたが、私は言われれば言われるほど泣けてきてしまい、そんな自分が悔しくて、また泣いてしまうというありさまでした。

親がしてはいけないということをやめられない悪い子。私は自分のことをそう思っていました。

学校でもそうでした。すぐに泣いてしまう私は、『すぐ感情的になる子』というレッテルを貼られました。それは『感情のコントロールができないダメな子』という意味でもありました。通知表に『感受性が強い』と必ず書かれていましたが、それを褒め言葉に思えたことはありませんでした。

どんなにテストで100点をとっても、運動会のかけっこで一等賞になっても、絵画展で入賞しても、学級委員に選ばれても、すぐに泣いてしまう自分がいる限り、私は『ダメな子』のままでした。泣き虫の自分が大嫌いでした。

私は母に訊いたことがあります。「大人になったら泣かなくなる?」。「そうだね」と母は答えました。
でも、その母もテレビドラマを見ては泣いているのを私は知っていました。母は、家族にその泣いている姿を見られると、慌てて恥ずかしそうに笑うのでした。

小学5年生の時、大好きな先生に「泣くのは悪い癖だから治さないとダメだ」と言われました。
クラスメイトから「泣くのはズルイ」とよく言われました。「泣けばいいと思っている」も。
きっと大人が彼らにそう教えてきたのでしょう。泣いて許された誰かに腹を立ててきたのでしょう。
今なら、彼らが本当は泣きたかったんだなとわかります。一生懸命泣くのを我慢してきているのに、目の前で易々と泣き出す私に我慢がならなかったのでしょう。

私はというと、泣いたのを理由に許されることが悔しくてなりませんでした。
「泣くのならもういい」と諦められてしまうのが悲しくてなりませんでした。

続きはまた今度。

前田美智子
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

抱っこ法との出会い その壱

抱っこ法との出会い その壱~泣いてもいいんだ !!

せっかく中村さんが抱っこ法援助者になろうと思った動機について書き始めてくれたので、この際、私もそもそもの動機を掘り起こしてみることにしました。

私が抱っこ法に出会ったのは、現在17歳になる娘が赤ちゃんの時です。当時、東京都練馬区に住んでいた私は、何の因果か、神奈川県海老名市にある助産院で娘を水中出産しました。そりゃぁ、物好きもいいところです。そのいきさつについては、いずれまた、書かせていただこうと思います。

さて、その助産院では、色々な教室が開催されていました。ある日、娘をとりあげて下さった助産師さんが、「前田さん、こんなのがあるのよ」と、それはワクワクとしたお顔で私に勧めて下さったのが、抱っこ法でした。

新しもの好きの助産師さんのことです。きっと面白いものだろうと、夫と赤ちゃんの3人で、その講演会&体験会に参加しました。それが、現在の日本抱っこ法協会名誉理事であり、私の師匠である阿部秀雄先生との出会いです。

その講演の中で、いくつかの映像を見せてもらいました。その中に抱っこ法の援助者が赤ちゃんを抱っこして泣かせている場面がありました。どなたが抱っこしていたのか今では思い出せませんが、おそらく阿部先生の奥さんである芳子先生だったと思います。その方が赤ちゃんに言葉をかけると、まるで「そうだ、そうだ」と言わんばかりに体を反らしたり、泣き声が大きくなったりするのです。赤ちゃんが大人が思っている以上に、色々なことを理解していたり、その気持ちを泣いて、体全部を使って伝えてくれることに、新米ママの私は驚きました。

私が一番、感動したのは、赤ちゃんが泣いて甘えるのは大切なことだということ、つまり『泣くのは良いことだ』ということでした。それは、今まで、私が親や学校の先生や社会から学んできたことの真逆でした。そして、それは、私にとって、大きな大きなプレゼントでした。

なぜって、私は子供の頃からずっと、大変な泣き虫だったからです。

続きはまたね。   前田美智子
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)
フリーエリア

無料購読!解除もカンタン!
メルマガ始めました~!サンプル版を公開してます♪毎月1日発行予定ですので、是非、登録してくださいね(*^_^*)

感想・質問・問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
抱っこ法リンク

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。