FC2ブログ

お知らせ


☆癒しの子育てお話し会

毎月第4日曜日 午前10時〜12時

    お母さんお父さんたちのお話しを聞かせていただく会です。
    抱っこ法の考え方や子どもとのやりとりのコツもお伝えしています。
    子育ての悩み、気がかり、何でもどうぞ。
  • 会場/助産院バースハーモニー(たまプラーザ駅下車徒歩8分)アクセスはこちら
  • 参加費/1家族1500円 〈定員〉5家族(要予約)
  • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
  • 問い合わせ&申し込み
  • 電話&FAX 046-272-1981 前田
  • umimama333@gmail.com 前田


☆にこにこ子育てお話し&体験会

毎月第4金曜日 午前10時10分〜11時50分

    ちょこっと抱っこの体験もしていただく会です。
  • 会場/カナリアの森(JR橋本駅よりバス12分上九沢バス停下車徒歩1分)
    相模原市緑区上九沢258
  • 参加費/2500円〈定員〉5家族(要予約)
  • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
  • 問い合わせ&申し込み
  • 電話&FAX 046-272-1981 前田
  • umimama333@gmail.com 前田

  • ☆お母さんのための天心ゆるり会

    毎月第2金曜日 午前10時10分〜11時50分(3月14日スタート)

      お母さんのための癒しの時間。日頃の労をねぎらい、体と心をゆるませましよう。
    • 会場/カナリアの森(JR橋本駅よりバス12分上九沢バス停下車徒歩1分)
      相模原市緑区上九沢258
    • 参加費/2500円〈定員〉5家族(要予約)※お母さんだけの時間ですので、お子さんはお留守番してもらってください。
    • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
    • 問い合わせ&申し込み
    • 電話&FAX 046-272-1981 前田
    • umimama333@gmail.com 前田

    • ☆相模原市内公民館出張お話し会

      ご希望により随時受け付けております

        5組以上の親子の参加希望があれば相模原市のどの公民館でも
        随時、抱っこのお話し会を開催しております。公民館予約はこちらで承ります。
      • 会場/相模原市内の公民館
      • 参加費/1500円〈定員〉5家族(要予約)
      • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
      • 問い合わせ&申し込み
      • 電話&FAX 046-293-0733中村
      • yashughug@gmail.com 中村

      • ☆個人セッション(子育て個別相談)も援助者の自宅または出張にて受け付けています。

      • 1セッション(1時間半)7000円
        出張の場合は+交通費
      • 問い合わせ&申し込み
      • TEL&FAX 046-293-0733 メールyashughug@gmail.com 中村尚子
        (相模原市在住)
      • TEL&FAX 046-272-1981 メール umimama333@gmail.com 前田美智子
        (大和市在住)
      • 私たちは日本抱っこ法協会の公認ホルダーです


お知らせ


☆癒しの子育てお話し会

毎月第4日曜日 午前10時〜12時

    お母さんお父さんたちのお話しを聞かせていただく会です。
    抱っこ法の考え方や子どもとのやりとりのコツもお伝えしています。
    子育ての悩み、気がかり、何でもどうぞ。
  • 会場/助産院バースハーモニー(たまプラーザ駅下車徒歩8分)アクセスはこちら
  • 参加費/1家族1500円 〈定員〉5家族(要予約)
  • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
  • 問い合わせ&申し込み
  • 電話&FAX 046-272-1981 前田
  • umimama333@gmail.com 前田


☆にこにこ子育てお話し&体験会

毎月第4金曜日 午前10時10分〜11時50分

    ちょこっと抱っこの体験もしていただく会です。
  • 会場/カナリアの森(JR橋本駅よりバス12分上九沢バス停下車徒歩1分)
    相模原市緑区上九沢258
  • 参加費/2500円〈定員〉5家族(要予約)
  • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
  • 問い合わせ&申し込み
  • 電話&FAX 046-272-1981 前田
  • umimama333@gmail.com 前田

  • ☆お母さんのための天心ゆるり会

    毎月第2金曜日 午前10時10分〜11時50分

      お母さんのための癒しの時間。日頃の労をねぎらい、体と心をゆるませましよう。
    • 会場/カナリアの森(JR橋本駅よりバス12分上九沢バス停下車徒歩1分)
      相模原市緑区上九沢258
    • 参加費/2500円〈定員〉5家族(要予約)※お母さんだけの時間ですので、お子さんはお留守番してもらってください。
    • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
    • 問い合わせ&申し込み
    • 電話&FAX 046-272-1981 前田
    • umimama333@gmail.com 前田

    • ☆相模原市内公民館出張お話し会

      ご希望により随時受け付けております

        5組以上の親子の参加希望があれば相模原市のどの公民館でも
        随時、抱っこのお話し会を開催しております。公民館予約はこちらで承ります。
      • 会場/相模原市内の公民館
      • 参加費/1500円〈定員〉5家族(要予約)
      • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
      • 問い合わせ&申し込み
      • 電話&FAX 046-293-0733中村
      • yashughug@gmail.com 中村

      • ☆個人セッション(子育て個別相談)も援助者の自宅または出張にて受け付けています。

      • 1セッション(1時間半)7000円
        出張の場合は+交通費
      • 問い合わせ&申し込み
      • TEL&FAX 046-293-0733 メールyashughug@gmail.com 中村尚子
        (相模原市在住)
      • TEL&FAX 046-272-1981 メール umimama333@gmail.com 前田美智子
        (大和市在住)
      • 私たちは日本抱っこ法協会の公認ホルダーです


お知らせ


☆癒しの子育てお話し会

毎月第4日曜日 午前10時〜12時

    お母さんお父さんたちのお話しを聞かせていただく会です。
    抱っこ法の考え方や子どもとのやりとりのコツもお伝えしています。
    子育ての悩み、気がかり、何でもどうぞ。
  • 会場/助産院バースハーモニー(たまプラーザ駅下車徒歩8分)アクセスはこちら
  • 参加費/1家族1500円 〈定員〉5家族(要予約)
  • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
  • 問い合わせ&申し込み
  • 電話&FAX 046-272-1981 前田
  • umimama333@gmail.com 前田


☆にこにこ子育てお話し&体験会

毎月第4金曜日 午前10時10分〜11時50分

    ちょこっと抱っこの体験もしていただく会です。
  • 会場/カナリアの森(JR橋本駅よりバス12分上九沢バス停下車徒歩1分)
    相模原市緑区上九沢258
  • 参加費/2500円〈定員〉5家族(要予約)
  • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
  • 問い合わせ&申し込み
  • 電話&FAX 046-272-1981 前田
  • umimama333@gmail.com 前田

  • ☆お母さんのための天心ゆるり会

    毎月第2金曜日 午前10時10分〜11時50分

      お母さんのための癒しの時間。日頃の労をねぎらい、体と心をゆるませましよう。
    • 会場/カナリアの森(JR橋本駅よりバス12分上九沢バス停下車徒歩1分)
      相模原市緑区上九沢258
    • 参加費/2500円〈定員〉5家族(要予約)※お母さんだけの時間ですので、お子さんはお留守番してもらってください。
    • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
    • 問い合わせ&申し込み
    • 電話&FAX 046-272-1981 前田
    • umimama333@gmail.com 前田

    • ☆相模原市内公民館出張お話し会

      ご希望により随時受け付けております

        5組以上の親子の参加希望があれば相模原市のどの公民館でも
        随時、抱っこのお話し会を開催しております。公民館予約はこちらで承ります。
      • 会場/相模原市内の公民館
      • 参加費/1500円〈定員〉5家族(要予約)
      • 車でお越しの方は、駐車場がございます。(要予約)
      • 問い合わせ&申し込み
      • 電話&FAX 046-293-0733中村
      • yashughug@gmail.com 中村

      • ☆個人セッション(子育て個別相談)も援助者の自宅または出張にて受け付けています。

      • 1セッション(1時間半)7000円
        出張の場合は+交通費
      • 問い合わせ&申し込み
      • TEL&FAX 046-293-0733 メールyashughug@gmail.com 中村尚子
        (相模原市在住)
      • TEL&FAX 046-272-1981 メール umimama333@gmail.com 前田美智子
        (大和市在住)
      • 私たちは日本抱っこ法協会の公認ホルダーです

抱っこ援助者になろうとした動機3ーーーそれまでの道のり�

前の記事へ…
そして、大人になり、恋愛し、結婚しました。

相手は一緒に演劇をやっていた仲間で、芝居で、自分の感情の解放と表現の訓練をしていたせいもあって、
お互い、自分の内側を探り、本来持っているありのままの自分を取り戻したい!
という願望はぴったり一致していました。

同じところを目指しているということと、反逆児(笑)という共通点で、意気投合したわけです。

しかし、ありのままを目指そう、お互い自分の感情に正直でいようとする結婚生活は、
前にも書いた通り、大変なものでした。

確かに、夢を語っている時、お互いの気持ちを共有できた時は最高なのですが、
日常生活の半分以上は、ぶつかり合っていました。

いくら、ありのままを実践していこうという私達だって、これでは、あまりにも辛すぎる…。

どうしたらいいのか、もう、途方にくれていました。

そんな時に、私達の前にあるひとつのチャンスが舞い込んできました。
それは、ブリージングのプラクティショナーというコースが受けられるというチャンスです。

ブリージングという手法は、子供時代に傷ついた時の感情を解放し、
その時に決定した観念を見、今まで自分に役に立っていたことが本当に実感できたら、
新たな観念(=信念)を持ち、新たな行動に変えていくという手法です。

言葉で説明しても、こういうことは実際に体験してみないとわからないので、
上の説明はさらっと読み流していただければ幸いです。


というわけで、この7カ月コースを毎週土日、夫婦で受けました。


何しろ、個人個人の無意識のレベルにまで触れるプログラムなので、
夫婦で受ければその分、もっともっと、自分の中を直視せざるを得なくなります。


そして、そこで分った事は、私が夫を自分の父親に見立てたり、私が自分の母親になったり、
また、夫は私を夫の母親に見立てたり、夫が夫の母親になったりして、
お互いの言い分を相手にぶつけていたということです。


まあ、こういうことがわかったからといって、すぐにケンカがなくなり、
夫婦関係が劇的に改善するというわけではないし、
時には、受ける前よりもっとひどくなったと思えることもありました。

でも、そんな幾つかの波がありながら、今は、25年前の結婚当初と比べるとケンカは激減しました。
本当に長い、長い時間がかかりました。

もちろん、今でも夫のことを「コンチクショー!!」と思うこともあるし、
「本っ当~に別れたい!!」と思うこともあります。
でも、前よりは比較的、すぐに気付くことができるようになりました。
「あ~、古傷が疼いてるな」と。
そして、あの激しい夫婦喧嘩のさ中に育った長男も、来年は社会人になります。

抱っこ法には、この長男が小学校四年生の時に出会いました。
抱っこ法を知って、私達親子には是非、必要なことだなと思ったものの、
上にも書いた通り、自分のことで精一杯だった私は、
自分の子供が小さい時に、実践することができませんでした。

それでも、抱っこは、ずっと心の隅に引っかかっていました。
もう、子供達2人は私の腕の中に収まるサイズではないけれど、
抱っこを学ぶことで、ちょっとしたことで揺らいでしまう母親としての自信を取り戻せるのでは?
という期待を持っていたのです。


そんな風にして持っていた抱っこを学びたいという夢は、それから6年くらい経って、
実現することができました。


研修を受け、実際のセッションにお付き合いさせてもらう毎に、
どんな親子もみんな素晴らしいという場面を、何度も目の当たりにしました。


どんなにご自分で、難しいと思われる親子の関係も、必ず、解決の糸口がある。


どんな子供も、いつも親を思いやっている。


そして、母親がただそこにいてくれれば、それだけで幸せと感じている。


このことは、どの親子もみんな例外ではないということを知れば知るほど、
自分の母親としての自信を少しづつ取り戻す手立てになりました。

そしてまた、自分が子供という視点から考えてみても、
親子関係がうまくいけば、その後の人生がどんなに明るいものになるのか身を持って知っている私にとって、
抱っこがどんなに役に立つのかも実感しました。


子供が大きくなった今からでも、もっと本来の素敵な親子関係になれるかも。


何より、私がしてきた体験や失敗を多くの人に知ってもらって、
「私だって、頑張ってきたんだ」「こんな母親だって、子供は私のこと大好きなのね」って、
知ってもらうことができるし、そうなれば幸せな親子がいっぱい増える。

そんな気持ちが、どんどん膨らんでいき、援助者になる決意をしたのです。

ここまでの道のりすべてが、私の抱っこ法の援助者になろうとした動機です。
次の記事へ…

中村 尚子


抱っこ援助者になろうとした動機1ーーープロローグ
抱っこ援助者になろうとした動機ーーーそれまでの道のり�
抱っこ援助者になろうとした動機ーーーそれまでの道のり�


スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

抱っこ援助者になろうとした動機2ーーーそれまでの道のり�

前の記事へ…
私の父はどんな人だったかというと、とにかく子供が何もしていなくても自分がイライラすると、
大声で怒鳴ったり、暴力を振るったり、あらゆる方法で絶対的に私を抑えつけようとする人でした。

父は私に対して、口を開けば怒鳴って、私を恐がらせていました。

「ガスがもったいないから早く風呂に入れ!」
「風呂が長い!」
「ちゃんと拭け!」
「うるさい!」
「汚すな!」など、

家にいると、文句ばかり。

父のやり方は私に面と向かって言わずに、
戸の向こうから、聞えよがしに口汚く、
私がまるでそこにいないかのように第三者的に大きな声で罵るのです。

私は心の底から腹が立ち、哀しくなり、恐れ、影に隠れて仕返しを常に考えていました。
そして、私も父と同じ方法で、父とは顔を合わさず、
口汚く彼の価値を叩きのめす為に罵りました。

罵り合いですね。

そして、父は私の言葉に我慢できなくなると、私に暴力も振いました。
モップの柄が折れるほど頭を殴り続けられたこともあります。

面と向かって父から「お前が死んでくれたら一番ありがたい」と言われたこともありました。
この時はさすがに泣きそうになって、必死で涙を堪えました。

母はというと、どうみたって理不尽で、大人になり切れてなくて、
どうしようもない父には何も言えず、ビクビクしながら止めることもせず、
私に「あやまれば済むんだから、あやまっちゃいな」と、火に油を注ぐようなことしか言えません。

もう、情けないのと怒りとどうしようもなさで、私は身の置き所がありませんでした。
ただひとつ、私に与えられた道は、負けないように必死に戦うしかないということでした。

父も母も本当に嫌いでした。
心から憎んでいました。

こんな親には絶対ならない!
私はかたく決心しました。
次の記事へ…

中村 尚子

抱っこ援助者になろうとした動機1ーーープロローグ
抱っこ援助者になろうとした動機ーーーそれまでの道のり�
抱っこ援助者になろうとした動機ーーーそれまでの道のり�
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

抱っこ援助者になろうとした動機1ーーーそれまでの道のり�

なぜ、私が抱っこの援助者になろうと思ったのか?なりたかったのか?

それは、自分と子供との関係をスムーズにしていくために
抱っこのことを深く知りたかったし、
自分でもできるようになりたかったのがきっかけです。

では、どうしてそれほどまでに、我が子との関係をスムーズにしたかったのかと言うと、
その前に私と私の親との関係に焦点を当てて傷を癒すことに、取り組んでいたからです。

そして、そうせざるを得なかったのは、私達の凄まじ過ぎる夫婦関係を
何とかしたいという切羽詰った状況からでした。


というわけで、抱っこを学んだきっかけ⇒親子関係はその後の人間関係に影響するので、その傷を癒す。
⇒夫婦関係の改善。という風に遡ることができるでしょうか。


結婚前から生きにくさを感じていないわけではなかったけれど、
結婚して特に相手に対しての怒り、憎しみ、葛藤が私の中からものすごい勢いで湧き上がってきました。


これは後から知ったことですが、恋愛関係や夫婦関係というのが一番、
解決されたがっている傷を押し上げるものだそうです。


私達夫婦は、結婚してから、というより出会ってから本当に喧嘩ばっかりしてきました。
喧嘩のきっかけは、いろいろだったと思うけど、やはり常に影を落としていたのは、
「お金がない」ということでした。
私は、彼に対して常にイライラし、腹を立てていました。

私が文句を言い、それに反応して彼がキレる。お皿、オーディオデッキ、椅子、
テーブルが宙を飛び、食器棚や本棚がバッタ~ンと倒される。


それは、もうすごい惨劇です。


そんなことになっても、怒りは益々加熱するばかり…。
鎮まるどころか、さらに2人の怒声が響き渡ります。

子供がうまれてからも、その凄まじさは変わりませんでした。

ふつうだったら、とっくに別れてもいい状況だったと思います。
10人いたら9人は、別れるのが最善の道と言っていたでしょう。

しかし、私には戻れる場所がありませんでした。
正確に言うと、ありましたが、実家には何があっても絶対に帰りたくなかったのです。

なぜなら、私は父親が死ぬほど嫌いだったからです。
次の記事へ…

中村 尚子


抱っこ援助者になろうとした動機ーーープロローグ
抱っこ援助者になろうとした動機ーーーそれまでの道のり�
抱っこ援助者になろうとした動機ーーーそれまでの道のり�
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)

抱っこ援助者になろうとした動機1ーーープロローグ

癒しの子育てネットワーク☆かながわを発足して3年が過ぎ、自分のプロフィールを書く機会がありました。

言うまでも無くプロフィールというのは、自分が歩んできた足跡をいくつかポイントとして挙げて、羅列するもの。それだけでも、目にする人にはある程度伝わるのかもしれません。

が、そこで、書いている私自身が何だか、物足りなくなってきてしまったのです。私のことを伝えるのに、一番大事なことが欠けていると。なんだろう?と思いを巡らせてみました。「もし、私が誰かのことを知りたいとしたら、何が一番知りたいだろう?」と。

私だったらまず、その人が何でそれをやろうとしたのか?何でその事を始めたのか?という動機が知りたいでしょう。それから、それをすることで、その人の何が満たされるのか?そして、それをした事で人生にどんな変化があったのか?こういう事が一番知りたいと思ったのです。ただ、この時はこう思っただけで、プロフィールはプロフィールとして書き、引っかかった気持ちを放っておきました。


ところが、そんな私を放っておいてくれない出来事がありました。
抱っこ法協会の公認認定ホルダーのメーリングリストに届いた阿部秀雄先生からのメールです。

それには、支援への思いの強さ・深さの元が支援者を志した動機だと、書かれていました。その動機の切実さは支援への思いの強さ・深さになります。と…

それを読んだ時、何故だか私がお引き受けした抱っこの援助の場面が浮かんできました。

私がセッションを引き受けさせていただく時、自分と親子以外の周りのことがすべて見えなくなるというか、雑音が一切、聞こえなくなる瞬間がよくあります。親・子・私の3者が一体になると言うか。

すると、私が親子に声をかけるその言葉も無意識のうちに出てしまっていて、気がついたらセッションの局面が変わっていたなんてことがあるんです。今のところ、これが悪いほうに展開したことがないのでいいのですが、後で振り返っても、「あの時、私、何て言ったんだっけ??」と思い出そうとしても、はっきり思い出せないことがあります。

以前は、ちょっと記憶に問題があるのかな?と真剣に悩んだこともあるのですが、阿部先生のこの言葉でなんとなく腑に落ちました。

私のこの動機の強さのせいで、親子の気持ちとひとつになってしまい過ぎるんだと。

そうか、この大事な動機をちゃんと把握できないと、親子のどちらかに肩入れし過ぎたり、2人を見て傷が疼いたりしてしまう可能性がある。動機はあっていい。動機があるお陰で、支援への思いの強さ・深さがちゃんと築かれるから。だからこそ、動機をちゃんと把握して、受け止めて、支援の場面ではそれをチャラにしなければいけない。


プロフィールの時に思ったことといい、阿部先生のメールといい、動機をはっきりするという課題にいつかは向き合わなければいけないのだと、まるで見えない誰かにお尻を叩かれてるような気がしてなりません。


人に共感できるだけでなく、流れを全体として把握して道筋を付け、最終的には具体的な変化をお手伝いしてこそ抱っこだと、最近、特に思うのです。そして、それには、自分が今まで歩んできた道のり、どんな思いで生きてきたのか、何によってどんな変化があったのか、良いことも悪いことも含めて整理しながらまとめていこうかなという思いに至りました。

そんな私の決心が変わらないうちに、ここでお約束することにします。少しづつかもしれませんが、このブログに私の抱っこのホルダーになろうとした動機、それまでの道のりを書いていこうと思います。読んでみようかなという方は、是非、お付き合いしてくださいませ。
                                          
中村 尚子

抱っこ援助者になろうとした動機ーーーそれまでの道のり�
抱っこ援助者になろうとした動機ーーーそれまでの道のり�
抱っこ援助者になろうとした動機ーーーそれまでの道のり�
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除してください。)
フリーエリア

無料購読!解除もカンタン!
メルマガ始めました~!サンプル版を公開してます♪毎月1日発行予定ですので、是非、登録してくださいね(*^_^*)

感想・質問・問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
抱っこ法リンク

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。